Home> 基礎知識 > 火災保険はどこまで保障?

火災保険はどこまで保障?

住宅ローンを買った場合、大抵の人は火災保険に入ると思いますが
住宅ローンを組む場合は火災保険に入らなければなりません。

火災保険は、火災以外にも台風、落雷、地震、雪、車両による衝突被害、窃盗など
契約次第では保障の対象を広げられます。
家にかける生命保険のようなものです、契約してしまうと
補償対象などの見直しをする事は少ないでしょうから、一度改めて確認してみ下さい。
以前は火災保険(建物)、火災保険(家財)、損害保険、損害外傷保険、各種費用保険など
各社同じような内容の物ばかりでしたが最近では、台風被害補償、地震被害補償、水害補償など
保証を自由に組み立てる保険プランが一般的になってきました。

ie.jpg


●建物と家財●
火災保険は、建物かけられる物、家財かけられる物、建物と家財両方にかけられる物があります。
建物のみの場合、家財については保証されません、
例えば、マンションなどで上の階で火事があったとします
消化のための放水で家財がダメになった場合、家財補償が無ければ補償を受けられません

●水害●
火災保険には住宅総合火災保険と住宅火災保険があり
一般的な住宅火災保険では火災と風災(風・雹・落雷)の損害に対して補償を受けられます。
住宅総合火災保険には水害補償(台風、豪雨など)が含まれます
保険料は住宅火災保険よりも高額になりますが、
集中豪雨による床上浸水などの損害には水害補償が必要です。

●地震●
火災保険には地震災害での補償が含まれていません
火災保険は地震が原因で起こった火事であっても補償対象外となります。
地震によって延焼・拡大した火災被害の補償を受ける為には地震保険が必要です。
もちろん地震保険ですので、地震・噴火・津波が原因による破損・流失・埋没損害が補償されます。

コメント:0

Comment Form

Index of all entries

Home> 基礎知識 > 火災保険はどこまで保障?

カテゴリ
アーカイブ
購読

Return to page top