Home> 基礎知識 > 退職金に保険を活用するメリット

退職金に保険を活用するメリット

退職金制度を見直して従業員への退職金を確実に準備する方法は、いくつかあります。
それは自社で退職金制度を維持するとか外部制度と併用するとか、
もしくはもう全面的に他制度へ移行してしまっているというところもあるようですね。

ですが個人的には生命保険を活用するというのが最も安全で確実なのではないかと思うんです。
たとえば日本で唯一オーナー経営者の財務強化を専門とした生命保険代理店である
ヒューマンネットワークには従業員退職プランというものがあるそうですよ。
このプランには従業員にも会社にもそれぞれのメリットがあるのだといいます。


biru.jpg


まず、従業員にとってのメリットは
万一の時の遺族の生活保障を会社が準備してくれる
退職金が確実に準備されている
従業員の同意を得るので会社への帰属意識が高まる

一方、会社側には
死亡退職金弔慰金生存退職金の支給財源の確保ができる他、
緊急資金としての活用もできるというメリットもあるんです。

ちなみにこのプランを採用するには
以下のような条件が必要になりますので参考までに知っておいてください。
・保険契約の満期時期は、法人が定めた退職年齢とすること。
・従業員が男性ばかりであるとか役職以上であるとかいったように偏った人選をしていないこと。
・従業員全員が同意していること。
・社内規定を作成していること。


生命保険を活用して退職金を準備しておけば
定年退職金や中途退職金、死亡退職金を合理的に準備が進められます
受け取る方にも企業側にもメリットの多い方法という事になります。

コメント:0

Comment Form

Index of all entries

Home> 基礎知識 > 退職金に保険を活用するメリット

カテゴリ
アーカイブ
購読

Return to page top