Home> 基礎知識 > 40代から必要な生命保険選び

40代から必要な生命保険選び

40代になると生活習慣病のリスクが急に高まったり
子供の学費や進学費用の負担も大きくなります。
高齢になればなるほど病気や怪我の不安は高くなってきます。
医療保障も老後に向けて考えておかなければ
年齢が高くなるほど掛金が高くなり、入れる保険の条件も厳しくなってきます。

保障や保険料も先を見越して必要なものを手厚く
削れるものはなるべく削るようにしていかなければ、負担を減らす事が出来ません。
将来の不安を減らしていく為には、プラン内容を
生活スタイルに合わせたものに変更できるものを選んでおくと安心です。
若い時に契約したままになっている事も多いと思いますが
老後を考え、一度プランや保証を見直しておく必要があります。


~40代が備えておきたい保険~
独身ならば、万が一の時自分が困らない事を最優先した保証を選びましょう。
死亡保障は、葬儀や死亡後の整理にかかる程度の物に抑え、その分医療保障を手厚くします。
40代になると、生活習慣病女性疾患のリスクが非常に高まるので医療保障を重視した終身保険が安心です。
更に老後への備えとして貯蓄型の終身保険を選んでおくと安心です。
子供がいる家庭では、自分が万が一の時に残された家族にかかる負担を考えた保険を選びましょう
小さな子供がいる家庭ほど高額な死亡保障が必要になります。高校・大学進学に学費がかかる事を考え
収入保障や定期保障を活用していきましょう。
まさに高校・大学進学に学費がかかっている場合は、支出か一気に増える時期でもあります
生命保険の保障を見直して保険料を抑えやりくりするしかありません
子供が社会人になれば高額な死亡保障をかけずにすみますので、医療や生活習慣病など
必要なものに重点を置いた保険選びや見直しが必要になります。


~50代60代が備えておきたい保険~
子供が社会人となり、負担の大きかった教育費もかからなくなってほっとする50代60代
配偶者と2人で過ごしていく老後を見据えた生活スタイルに切り替わる時期です。
充実したセカンドライフを過ごすための保障を考えた保険を選ぶことが大切です。

子供も社会人となり、高額な死亡保障を負担する事も無くなります。
老後の生活資金の為の個人年金保険や、
一生涯の死亡保障と貯蓄を兼ねた終身保険が安心です。
充実した医療保障があるものを選ぶ事が重要になります
先進医療高額な医療費がかかる病気に備えておく必要があります。
定年が近い場合は、年金の受取額・預貯金・退職金などを考慮し
老後にどれくらいのゆとりがあるのかを見直しておくこともひつようですね。


~シニアが備えておきたい保険~
シニア向けの保険もありますが、健康であれば年齢が高くても入れる一般保険もたくさんあります。
病歴がある場合は、健康状態の告知が必要のない無選択型保険
告知する項目が緩和されている引受基準緩和型保険と言う保険を選ぶといいですね。
今まで入ってきた保険が継続可能ならばそのまま活用出来るものはしておいた方が
保険費用を抑えられるかもしれません
医療保険の手厚い終身型保険が安心です。

コメント:0

Comment Form

Index of all entries

Home> 基礎知識 > 40代から必要な生命保険選び

カテゴリ
アーカイブ
購読

Return to page top