Home> 基礎知識 > 20代30代に必要な生命保険選び

20代30代に必要な生命保険選び

不安を少しでも解消するために入る保険ですが
生命保険では、死亡のリスク、ケガや病気のリスク、老齢のリスクに備える事が出来ます。
もしもの時のために入っておきたい生命保険ですが、保証を増やせば保険料も増えます
保健を使うような状況にならない事が理想なのですが、掛け捨てならば使わなけれな無駄になり
貯蓄型(積立タイプ)の物は保険料が高くなります。
掛け捨てであっても、使わ不安を少しでも解消するために入る保険ですが
生命保険では、死亡のリスク、ケガや病気のリスク、老齢のリスクに備える事が出来ます。

もしもの時のために入っておきたい生命保険ですが、保証を増やせば保険料も増えます
保健を使うような状況にならない事が理想なのですが、掛け捨てならば使わなけれな無駄になり
貯蓄型(積立タイプ)の物は保険料が高くなります。
掛け捨てであっても、使わないかもしれないものに、
高額な保険料をを毎月払い続ける事は難しくなります。
そこでオプションを減らすなど、自分に必要なものだけに絞って払うしかありません。

病気や怪我のリスクは年齢によっても違います
自分に必要な保険はどんなものなのかを考えてから、保険会社や保険タイプを比較検討する必要があります。

~20代が備えておきたい保険~
独身の場合、近い将来の結婚や出産を考慮しておく必要があります。
定期保険や医療保険など無理のかからない小型のものを中心に
結婚や出産に合わせて保証をアップできるような追加や変更がしやすい保険選んでおくと安心です。
女性は早めに医療保険の準備をしておくことが望ましいです。
妊娠、出産を考えているならば女性疾病に備えた医療保険を選ばなければなりません、
妊娠してからでは疾病向けの保険に入れない事があります
子供が生まれている家族であれば、一家の大黒柱に何かあったとき子供の将来が不安です
小さな子供がいる場合ほど高額な死亡保障の保険を選ぶ必要があります。
高校・大学と進学費用が必要になります、計画的に積み立てておかなければなりません。
年齢が若いと保険料も安いですので収入保障定期保険など高額保障を選びましょう。

~30代が備えておきたい保険~
独身の場合、扶養家族がいないうちは高額の死亡保障は必要ありませんが
生活習慣病に備えた医療保険を選んでおきましょう。仕事や収入が安定している場合は将来に備えて
終身タイプの医療保障を選んでおく方が安心です。若いうちの方が保険料が抑えられます。
妊娠、出産を考えている女性は女性疾病に備えた医療保険に入っておきましょう。

20代30代は子供や家族に対しての責任を考えていかなければなりません。
もしもの時、子供や配偶者にかかる負担を考え保障のしっかりしたものを選んでおく必要があります。
長期的な収支のバランスを考えて行かなければなりませんので
夫婦でよく話し合って保障プランを考えましょう

収入保障保険や定期保険などを上手く利用して、
保険料が安く抑えられる若いうちに高額保障の保険を選んでおくと安心です。

コメント:0

Comment Form

Index of all entries

Home> 基礎知識 > 20代30代に必要な生命保険選び

カテゴリ
アーカイブ
購読

Return to page top